BLOG
ブログ

  • 2023.03.17

「10日間で5キロ痩せる!ダイエットと筋トレの悩みを解決する方法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のダイエットにおけるカロリー制限の方法と注意点はいかがでしたでしょうか?

今回のテーマは筋トレにおけるトレーニングの種類と回数の選び方です。

 

 

筋トレには、自重トレーニングウエイトトレーニングなど様々な種類があります。自分に合ったトレーニング方法を選び、回数やセット数を調整することが大切です。また、筋肉をつけるためには、適度な負荷をかけることが必要です。

筋トレにおけるトレーニングの種類と回数の選び方について、より詳しく解説します。

まず、筋トレには大きく分けて自重トレーニングウエイトトレーニングの2種類があります。

自重トレーニングは、自分の体重を使ってトレーニングを行う方法で、プッシュアップやスクワットなどが代表的です。

一方、ウエイトトレーニングは、ダンベルやバーベルなどの重りを使ってトレーニングを行う方法で、ベンチプレスやデッドリフトなどが代表的です。

どちらのトレーニング方法を選ぶかは、自分の目的や体力、トレーニング環境によって異なります。自重トレーニングは、場所や道具が必要なく、自分の体重を使ってトレーニングができるため、初心者や自宅でトレーニングを行う人にはおすすめです。

一方、ウエイトトレーニングは、より高い負荷をかけることができるため、筋肉をより効率的につけることができます。

 

次に、回数やセット数の選び方についてです。筋肉をつけるためには、適度な負荷をかけることが必要です。

一般的には、1回あたりの重量が自分の最大重量の60~80%程度であれば、筋肉を効果的に刺激することができます。

また、1セットあたりの回数は、8~12回程度が効果的とされています。

トレーニングの回数については、週に2~3回程度が目安とされています。筋肉をつけるためには、トレーニング後に十分な休息をとることも重要です。

トレーニング後に筋肉が疲れている状態でトレーニングを続けると、ケガや疲労がたまりやすくなります。

また、トレーニング前には十分なウォーミングアップを行い、筋肉を十分に準備することも大切です。

以上のように、筋トレにおけるトレーニングの種類と回数の選び方は、自分の目的や体力、トレーニング環境に合わせて選ぶことが大切です。

適度な負荷をかけ、十分な休息をとりながら、効果的な筋トレを行いましょう。

 

 

次回はダイエットと筋トレを組み合わせた場合の効果的なトレーニング方法とは?をお話します。お楽しみに~!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

同じカテゴリの記事はございません。

Personal Training4周年キャンペーン

本当に手ぶらプラン
プロテイン+ウェア・シューズ
・タオル レンタル付き
16回 ¥196,900(税込) ¥96,800(税込)

入会金+初月会費+翌月会費 ⇒ 【無料】

さらに!女性2名様以上でご入会のお客様
【+1ヶ月会費無料】


施設使い放題 +
パーソナルトレーニング
プランスタート!

新登場
2回/月 ¥27,478(税込)
4回/月 ¥43,978(税込)

24h施設使い放題!水素水・サプリメント飲み放題

※パーソナルトレーニングは1回50分
※トレーナー指名・食事指導・遺伝子検査なし

お電話でのご予約・お問い合わせ

06-6563-7882受付時間 10時-20時

見学予約・お問い合わせ

見学予約・お問い合わせ

入会予約

入会予約